ピックアップインフォ シマト工業株式会社
食品残渣・汚泥の乾燥&焼却システムで処理物の容量を最大約1/100に減量! 002
|  パワードライTOP  |  パワードライ詳細  |  P.D.R システム  |  専用焼却炉  |  納入事例  |  稼動実演データ  |
P.D.R SYSTEM-食品残渣・汚泥 乾燥&焼却システム-

P.D.R SYSTEM-食品残渣・汚泥 乾燥&焼却システム-

P.D.R SYSTEM -食品残渣・汚泥 乾燥&焼却システム-とは
間接加熱による乾燥法を用い、有機性廃棄物の水分を蒸発させ、乾燥減容(初期処理物の1/5〜1/10)させます。高温(約200℃)で処理することにより殺菌も同時に行うため、乾燥品を二次利用・リサイクルも可能です。
従来の生ゴミ処理機では困難な再利用できない混在ゴミの場合、弊社開発の高熱対応の小型焼却炉を併用することにより、自社内でさらに減容(初期処理物の1/40〜1/100)し、処理コストの削減に大きく寄与いたします。

P.D.R SYSTEM-食品残渣・汚泥 乾燥&焼却システム- 概念図

[P.D.Rの文字の意味]
P: POWER(強力)
D: DRY(乾燥)
R: REDUCE(減量)・ RECYCLE(廃棄物再生利用)・ REFUSE(焼却)

シマトのP.D.Rシステム導入のメリット

  生ゴミ処理機導入のポイント
  1. 飼料化、堆肥化を目的で再利用先が長期的に確保できるのか
  2. 有機肥料として、成分調整ができるのか
  3. 処理能力が十分余裕あるのか、ランニングコストはどうか
  4. 処理機使用時の臭気対策は
  5. 分別が出来なくても対応できるのか
  6. 無人運転時の安全対策は万全か

シマトのP.D.Rシステム 導入の場合

お任せください、 左のポイントすべてにお応えし、 対応できます

お持込みいただければ いつでも実演いたします
乾燥具合・減量比・処理時間・維持費用・臭気等は実演しなければ確認できません。
※ 実演テスト費用 実費

PDRシステム 実演機常設展示場 /シマト工業(株)中之口工場 新潟市西蒲区打越140-4

設備図/P.D.R SYSTEM
ページ上へ
パワードライに関するお問い合わせ 
株式会社環境経営ホールディングス 環境経営研究所
〒959-0421 新潟市西蒲区鱸626
TEL:0256-70-4507 FAX:0256-88-7450
URL http://www.eco-m.co.jp E-mail:info@eco-m.co.jp
担当:小林 哲之
[2006/05/16]

Copyright SHIMATO KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.